サイト譲渡の契約は大切ですよ

「契約書」なんだか恐れ多いし、面倒そうですが、本当に大切なので、必ず締結しましょうね。サイトキャッチャーなら無料でサポートしてますよ。




[PR]



2006年12月25日(Mon)
サイト譲渡の契約は大切ですよ
サイト売買サービス「サイトキャッチャー」では、サイト譲渡の契約書のとりまとめまで、無料で行っております。

なんでそこまでするの?

……と、たまに質問されるのですが、それは皆さんが思う以上にサイトの譲渡契約重要だからです。

物品の売買とは違い、サイトはデータ権利の集合体なので、形がありません。コピーしてポンポン売ってしまうことも可能です。虚偽や瑕疵の立証もそれほど簡単ではありません。

だからこそ、

  • 何を譲渡するのか?

  • 何を約束するのか?

  • どんな条件をつけるのか?


などについて、契約書の形にしてきちんと約束しておかないと、後日、運悪くトラブルに巻き込まれた際、ひどい泥沼にはまる可能性があります。
売り手さんも買い手さんも両方ともです。

たとえば、
前のサイトのオーナーが残した借金の弁済を求めらた! どうしよう?

サイトの譲渡の実質は、事業の譲渡なので、上記のようなことも十分ありえるのです。

こういう場合、サイトキャッチャーでのサイト譲渡契約では、多くの場合、譲渡前の借金などは引き継がないようにしていますので、それを元にお断りする形になります。

また、多額の借金を隠していた場合は、契約書内で規定する「表明」や「保証」の違反になり、契約そのものをなかったことにできます。(契約解除の規定)


まあ、通常は何も起きないのですが、仮に実際に起きてしてまってから契約書が無いとなると、約束の事実を立証する証拠を集めるのに大いに苦労するでしょう。

契約書は、約束した内容を形に残すという意味に加え、こうした良くない事態が起きたとき、本当に最悪の事態に陥らないようにする予防線的な部分がありますので、面倒くさがらずに契約しましょうね。

サイトキャッチャー無料でサポートしてるんですから!


   


[サイトキャッチャー]
サイト売買・M&Aの現場から、
生の声をお届け!
☆サイトの価値とは?
☆サイト売買を成功させるコツ
☆運営者の日常って?


筆者の顔を見たい物好きさんは、ココへ。
オレンジの方の人です。

FC2でも書いてます。

人気blogランキングへ


カレンダ
2006年12月
         
25
           

アーカイブ
2005年 (95)
9月 (40)
10月 (27)
11月 (21)
12月 (7)
2006年 (109)
1月 (5)
2月 (1)
3月 (3)
4月 (1)
6月 (2)
7月 (12)
8月 (20)
9月 (14)
10月 (17)
11月 (16)
12月 (18)
2007年 (47)
1月 (11)
2月 (6)
3月 (8)
4月 (9)
5月 (8)
6月 (4)
8月 (1)

アクセスカウンタ
今日:11
昨日:19
累計:334,434